千葉県南房総館山市にある曹洞宗のお寺です。水子供養・永代供養・ご祈祷などのお申し込みは当山まで。坐禅体験もあり。

曹洞宗 正木山西光寺

曹洞宗 正木山西光寺

  • ホーム
  • 西光寺のご紹介
  • 永代供養
  • 水子供養
  • ご祈祷
  • お問合わせ
仏教に関するQ&A

仏教に関するQ&A

疑問・質問受付中!

皆さんからの仏教やお寺に関する疑問・質問を募集しています。
質問投稿フォーム、またはメールで投稿してください。

「卍って?」さんからのご質問

以前、卍の件について質問したものです。
差別戒名について、再度教えてください。
どの文字があれば差別戒名と判断されるのでしょうか。ご存知の範囲で教えて下さい。

答え

「差別戒名」というのは、江戸時代中期から昭和20年頃までに被差別部落の檀信徒のみに「授与」された、「一般」の檀信徒と比較して「不当に差別され、おとしめられた戒名」のことをいいます。
その形態は、被差別部落の人々を差別するために、賤しいとされた「身分」、皮革製造などの「職業」や相手を見下した軽蔑した文字や言葉などを織り込んだものです。

具体的な例をいくつかあげれば、「連寂(置字)僕女、ト男、革尼、□□革門ト霊、僕霊、屠士、草女、畜男、似女、穢女、非男、栴陀羅男」などが確認されております。
これらは、職業や身分を直接的な差別表記で表している「直接的差別戒名」です。

それに対して、一般の戒名と比べ、授けられている文字の数が少なかったり、位階によって明らかに区別をしているなど、授ける側に差別的意図が見られる「相対的差別戒名」があります。
もとより、戒名とは、仏教に帰依した「仏弟子としての名前」ですから、そこに差別あるいは区別するという余地は全くありません。

16世紀末頃から第二次世界大戦後まで、東日本を中心として全国的におびただしい数の「差別戒名」が付与され、そしてそれが墓石に刻み込まれ、位牌や過去帳などに記されて、長い間、被差別部落と見なされてきた人々の礼拝、供養の対象となって来たという事実に対して謝罪の言葉もありません。

特に、本来仏の世界という理想の世界を追求している筈の僧侶によってそのような「差別」が行われてきたという事実を重く真摯に受け止め衷心より反省し、これからの布教に務める必要があります。
もっともっと開かれた仏教、開かれたお寺、開かれた僧侶が求められているのではないでしょうか。

(「曹洞宗人権学習基礎テキスト」を参考にさせていただきました。)

合掌

Copyright © 2005-2016 曹洞宗 正木山西光寺. All Rights Reserved