千葉県南房総館山市にある曹洞宗のお寺です。水子供養・永代供養・ご祈祷などのお申し込みは当山まで。坐禅体験もあり。

曹洞宗 正木山西光寺

曹洞宗 正木山西光寺

  • ホーム
  • 西光寺のご紹介
  • 永代供養
  • 水子供養
  • ご祈祷
  • お問合わせ
仏教に関するQ&A

仏教に関するQ&A

疑問・質問受付中!

皆さんからの仏教やお寺に関する疑問・質問を募集しています。
質問投稿フォーム、またはメールで投稿してください。

佐賀県 20代の女性からのご質問 (※一部修正させていただきました)

8年ほど前に水子供養をしました。学生で生めなかった為です。
先日、霊視が出来る方から水子が成仏できていないと言われ今大変不安な気持ちです。
以前供養をしていただいたお寺の名前も既に分からない状態です。
別の寺院でもう一度水子供養をした方が良いのでしょうか?
どうかよろしくお願い致します。

答え

水子の霊を抱えている方は、宗教家や霊能者から何か言われるとそのほとんどを鵜呑みにしてしまします。
「成仏していない」などと言われると大変な不安に陥ります。それが「宗教」の怖さです。
なぜそのようなことが起こるかと言えば、それは、自分が行った「供養」に自信が持てないからです。
多分あなたの場合もそうかもしれません。

ところで、あなたはあなたの水子が今どのようにしているかわかりますか?
多分分らないでしょう。そこがいい加減なことをいわれる隙になっているのです。
残念ながら私もあなたの水子は成仏していないと思います。
でも、これから私の言うその「成仏していない」というほんとうの意味をしっかり理解してくだされば大丈夫です。

まず、あなたは、「水子の供養」をどのように捉えているのでしょうか。
「早く成仏させて葬りたい」「水子とは早く縁を切りたい」「早く忘れて出直したい」「身を清めたい」などと、もし思っていたらそれは大きな間違いです。
水子はあなたに縁を切られて喜ぶと思いますか。
そうだとしたら水子は汚らわしいイヤな存在になります。
もしそのような気持ちがちょっとでもあったらその水子は浮ばれないでしょう。永遠に成仏しないでしょう。

ではどうすれば良いのでしょうか。
それにはどうすれば水子が喜ぶかを考えることです。
水子の本当の供養とは、縁を切るのではなく、新たに縁を結ぶのです。

どういうことかといいますと、水子を自分自身の中に完全に取り込むことなのです。 切り離すのではなく水子と自分が一体になることです。
「あなたとこれから一生共にします。決して離しません。だからわたしも護ってくださいね。」という新たな契りを結び、新たな気持ちを持つことです。
新たな縁が始まります。

水子はあなたの分身です。他人ではありません。
その関係は切っても切れない永遠の関係なのですから。
あなた自身がしっかり水子の霊をあなた自身の中に取り込んでしまうことでその水子は完全に安心(あんじん)の世界、すなわち仏の世界に入るのです。
これをもって「成仏」というのです。私が言う「成仏」とはそうゆうことです。

「霊」に形や重さはありません。何の邪魔にもなりません。
これかは一人ぼっちではない、いつでも一緒という気持ちから「しっかり供養している」という自信が生まれるのです。
そしたら「その水子が今どうしているか」がわかるはずです。

もうどんな人から何を言われても不安になったり迷ったりすることはなくなります。 「ほんとうの供養」とはそうゆうことです。
水子供養も基本的には先祖供養と変わりません。
先祖は切り離せませんものね。それとまったく同じことです。
「仏教は心の科学」です。迷信や妄信にだまされないためにもしっかりした「信仰心」を持つことです。

合掌

佐賀県 20代の女性からの返信

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
学生時代からずっと気になっていた事なので、返事を頂き、精神的に解き放たれた感じがします。
勇気を出して質問させて頂いて本当に良かったです。
今後は、教えの通り水子と共に生きていこうと思います。
本当にありがとうございました。

Copyright © 2005-2016 曹洞宗 正木山西光寺. All Rights Reserved