千葉県南房総館山市にある曹洞宗のお寺です。水子供養・永代供養・ご祈祷などのお申し込みは当山まで。坐禅体験もあり。

曹洞宗 正木山西光寺

曹洞宗 正木山西光寺

  • ホーム
  • 西光寺のご紹介
  • 永代供養
  • 水子供養
  • ご祈祷
  • お問合わせ
仏教に関するQ&A

仏教に関するQ&A

疑問・質問受付中!

皆さんからの仏教やお寺に関する疑問・質問を募集しています。
質問投稿フォーム、またはメールで投稿してください。

東京都 六十代男性からのご質問

いろいろ考えましたが、どうもスッキリしなく、お問い合わせさせていただきました。

道元さんに「生の死になるといはざるは、佛法のさだまれるならひなり。このゆゑに不生といふ」(現成公案)というのと、
同じく、「生より死にうつると心うるは、これあやまりなり。生はひとときのくらゐにて、すでにさきあり、のちあり。かるがゆゑに、仏法の中には、生すなはち不生といふ」(「生死」)とあります。

いろいろものの本を読んでも、どうも、納得いくような解説にいきあたりません。
この二つの文は、それぞれ、何を教えてくれているのでしょうか。
それぞれを、一つずつ、明快に説き明かしていただけますと、幸甚に存じます。
どうかよろしくお願い申し上げます。

答え

ご質問の二つは全く同じ問題です。
いずれも般若心経にあります、宇宙の実体である「空」を表したものであり、それを「不生不滅」の例で説明したものです。

生は死んで滅というのが常識ですが、仏法では、生は生でしかなく、死は死でしかないのです。
前後の流れはあってもその実体(本質)は変わらないということです。

「生も一時のくらゐなり、死も一時のくらゐなり。たとへば冬と春とのごとし。」(現成公案)
生も死も一時の現象なのです。
だからその実体は「不生不死」なのです。
冬のときは冬でしかなく、春のときは春でしかないのです。
その実体は「不冬不春」なのです。
すべては「空」の実体の説明だと思ってください。

合掌

Copyright © 2005-2016 曹洞宗 正木山西光寺. All Rights Reserved